Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Recommend
仏像の本
仏像の本 (JUGEMレビュー »)
仏像ガール〔本名:廣瀬郁実〕
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ヒプノセラピーで前世を知ると・・・
頭部スイナ講座のお知らせはこちら

最近ブログを読んでくださってる方と話すことが多いです。
楽しく読んでいると言ってくださるので
こちらのブログではなく、もうひとつの超個人的ブログの方かと
思ってましたが、こちらのブログも楽しく読んで下さっているらしく・・・

結構重苦しいことも書いてるしなぁと思いつつも
そういう内容でも「はっはーん、なるほどねぇ」と思いながら
読んでくださっている様子で、ありがたい話です。

で、やっぱり体験談が楽しいようなので今回は
ヒプノの前世療法の話をしようかなと思います。

私自身も死んだ記憶がないのでそれが本当に以前自分が
生きた人生なのかはわかりませんが・・・
ふーんと思って読んでいただければよいかと思います。



私が前世療法に興味を持ったのはもう10年以上前で
ある本を読んでからでした。
それは催眠療法をしていく上で、少しもよくならないので
「では、今あなたが抱えている原因の場所に行って下さい」
と誘導したところ、今の人生では考えられない内容の
話をしだしたので不思議に思って聞いていくと
今の人生の前に生きたその人の話だったことから
「前世」の存在がクローズアップされて今に至るという
内容の本でした。

自分の前世って○○なんだろなーと言うのは実は幼少のころから
なんとなくあって「前世」というものがものすごく特別なものとか
うさんくさいものとか全く感じずにいましたね。

その○○は「聖職者」なんです(笑
牧師とか神父とか・・・?

なんだか人に何かを説いている自分が浮かぶんですよ^^
それもキリスト教的な何かなのですよね〜。

それと、自分はきっと何か悪いことをして死んだんだと思ってました。
漠然と「自分は幸せになってはいけない」と思ってましたね〜。
悪いことをして死んだから、今回は幸せになってはいけない。
幸せになる資格がないから幸せになることを望んだら、ばちが当たって
ひどい目にあうことになる・・・と(笑

もの心ついた時からそんな風に思っていたから
変わった子供だったんだろうなぁと思います(笑

でも、それもだんだん大人になるにつれて
根底にはあるけれど、実際の生活に忙しくて
そういう感じのことはあまり感じなくなっていました。

そういうものに傾倒して、何事も現実でないもののせいにして
逃げることをしてはいけないと思ったのです。

でも・・・今思えばこういう仕事をすることは決まってて
それはその思いがあるからこそなんだと思うようになってますよ♪

そして私が最初に前世療法なるものがあると知ってから数ヵ月後
実際にそういうことをしている人が日本にもいると知ったのです。

友達の知り合いだったのですが、それを受けてみようと思いました。
その頃、自分のあり方についてずいぶん悩んでいたのです。


本題に入れなかった・・・つづく。


ぽちーとお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

前世療法って?と思った方はこちら↓

ヒーリングスペース かくれんぼ
posted by: maxmix | ヒプノセラピー | 11:32 | comments(0) | - |-